「夫が憎い」を克服するメソッドが話題沸騰、『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』とは

健康系ライターあかね ライター : 健康系ライターあかね

「好きで結婚したはずなのに、産後は夫が嫌いになってしまった...」あなたもきっと、共感することがあるのではないでしょうか?しかし、嘆いてばかりはいられません。夫婦仲が冷えきれば、子どもへの悪影響や、離婚の危機などのリスクも。なるべく早めに夫との関係を修復したいもの。

「子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』(太田出版)には、著者がカウンセラーや時間管理の専門家などから探し求めたアドバイスがたっぷり。
以下に書籍のオススメポイントをご紹介。夫と一緒に実践すれば、お互いの理解が深まること間違いなし。

 子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法
話題沸騰中の「夫が憎い」を克服するメソッド - Amazon

1.夫にしてほしいことを主張するように

「被害者意識をもたず「ただ、『私が料理をしたんだから、あなたがお皿を洗ってね』と言えばいい」(『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』太田出版)。
「察して」と思う妻は多いが、きちんと言葉で伝えることで、夫は理解する!

ココがポイント

・話し合ってお互いの理解を深める努力を
・希望の家事を選択してもらうと責任感アップ
・してほしい理由をイチから説明した

2.「いい母」「いい妻」にという思いこみを捨てる

女性でも「家事は女性がやるもの」という固定観念を少なからずもっているもの。

「母だから~するべき」「妻だから~しなければ」という思いから、ひとりで家事を頑張りすぎている現状を認めて、少しずつ変えていくことも大切です。

ココがポイント

・上には上がいるが、下には下もいる
・「母の仕事」と思い込まずPTAを夫にまかせた

3.夫に対する意識や態度を見直す

批判したり、仕事を奪ったりすると、夫は自分自身の能力にだんだんと不安を覚えるもの。
夫がした家事に不満を言う、夫にまかせたはずの家事をやってしまうなどは改めましょう。

ココがポイント

・デキが不満でもやってくれるだけでいいと考える
・冷静に要求するためにメールやLINEを活用
・言葉と態度で頼りにしているアピール

4.感謝の気持ちを「素直に伝えるように

夫も子どもと一緒で「ほめて伸ばす」ほうがうまくいくもの。家事をしてくれたらあたりまえのことと思わず、きちんと感謝の気持ちを伝えて。

うまく夫のモチベーションをアップできれば、さらにやってくれるはず!

ココがポイント

・指摘はおさえてまずは感謝を表現すること
・忙しいときはLINEで感謝を伝え、手紙も活用

5.休日のスケジュールをきちんと決めた

子どものことでバタバタして、気づけば夕方になってしまう休日。
スケジュールを事前に決めて、自分ひとりの時間を確保すれば、お互い趣味を楽しんだり、友達と会ったり、家事に集中したりすることができ充実を図れます。

ココがポイント

・週の半ばに自由時間の希望をお互い申請する
・家事をする間、夫が育児を担当するルールに

6.家事に対する基準をゆるめてみた

もし家が汚ければ、女性は概して、自分が責められると恐れるもの。
「自分がしなければ」というプレッシャーで、みずから家事のハードルを上げている状況を自覚しよう。

ココがポイント

・毎日の掃除を週1回に変えたら気が楽に
・惣菜や宅配を活用して、たまには楽な食事メニューを

7.子どもにも家事に参加してもらった

子どもに家事をしてもらえば、夫婦の負担が減り、子どもの家事スキルもアップ。

幼児でも、お皿を下げる、脱いだ服をかごに入れるなどのことはできるので、頼んでみては。ゲーム感覚で楽しく手伝わせるのがポイント。

ココがポイント

・ポイント制にしたら、子どもが喜んでやるように!
・米とぎや配膳など、子どもの担当の家事を決めた

▼この記事をシェアする

▼ユルペディアをTwitterでフォロー

関連記事

関連ワードから探す

ライフスタイル   #ストレス #夫婦

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。